キャバクラ知識

ガールズバーで働くメリットとは?
知っておくべきキャバクラとの違い

キャバクラかガールズバーか、どちらで働こうかと迷っている方、2つの違いを知っていましたか?

知っておくべき大きな違いと、ガールズバーで働くメリットについて解説します。

ガールズバーとキャバクラの大きな違い

ガールズバーはカウンター越しにサービスをおこなうこと、キャバクラはお客様の隣に座って接客をすること。
お客様との距離が異なることを、大きな違いとして捉えている方も多いでしょう。


ガールズバーとキャバクラは、法律上において適用される法律が違います。

 

    • ガールズバー:深夜酒類提供飲食店
    • キャバクラ:「風営法」で定められている業種

 

キャバクラは「風営法」と呼ばれる法律で定められた業種であり、ルールが定められています。
許可をとることで「接待」が可能になり、飲食以外のお客様へのサービスが可能になります。
いっぽうガールズバーは、深夜にお酒や飲食を提供する許可しかおりていません。

ガールズバーで働く際に覚えておきたいこと

ガールズバーは「深夜酒類提供飲食店」のため、お客様に飲食を提供するのがお仕事です。
キャバクラのようなサービスをおこなうと「接待」とみなされるため、違法になります。

接待とは、お客様にお酌をすること。
カラオケで一緒に歌ったり、お客様の歌に手拍子を入れたり褒め言葉を投げたりこと。
一緒にダーツなどのゲームをおこなうことなどが該当します。


カウンター越しであっても、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」に該当すれば接待になるため、覚えておきましょう。
お店自体が法律への認識が甘い、または風営法を知りながらも無許可で接待をおこなうというグレーな店舗もあります。

ガールズバーのお仕事内容とは?

ガールズバーは飲食店のため、カウンター越しにお酒やフードを提供するのがお仕事です。
ときにはお客様とお話するなど、軽いコミュニケーションをおこなうこともあるでしょう。


普通のバーと変わらないけれど、女の子に接客をして欲しい。
女性のいる場所の方が安心できるというお客様が来店する場所です。

 

キャバクラよりもカジュアルに、お客様との一定の距離を保てるのがガールズバーのメリット。
2つの違いとメリットを知り、改めてどちらがいいのかを検討してみてください。

 

自分がどちらが向いているのか分からない場合は、いつでもLuLuまでお問い合わせ下さいね。

 

◆まとめ◆

キャバクラとガールズバーでは法律上、大きな違いがあります。
ガールズバーにて面接を受ける際には、仕事内容についてよく確認をしておきましょう。

 

LuLuではあなたからの質問をいつでも受け付けております。

気になる事や、不安な点がございました、お気軽にお問い合わせ下さい♪